米粉料理の研究会

料理研究家の自宅で米粉料理を試作していただきました。
本日のお題は次の3つ。

  • 米粉ピザ
  • 米粉のお好み焼き
  • 米粉パン

ピザの生地ができています。今回のピザ生地は100%米粉ではなく、小麦粉とのミックスです。
(ミックス比率)
小麦粉2 米粉0.5 米粉(アルファ化)0.5
の割合でミックスしています。
今のところ、この配合はふっくらと膨らみつつ米粉の味わいもあって、一応鉄板の配合となっています。

お好み焼きの生地づくりです。
米粉 200g
卵  4こ
長芋 60g
だし汁 200cc
豚肉 200g
キャベツ 1/2個
紅生姜 40g
みえこめこは細かさが30μと70μとあるのですが、半々にして両方試してみました。

70μが左で30μが右です。わかりづらいですが、30μの方が吸水率が高く、どろどろの生地になりました。どちらも小麦粉と比べると結合力が弱いというか、キャベツがばらばらになりそうな感じです。

米粉パンが焼きあがりました。
パンも配合はピザ生地と同じで、30μを使っています。
つるんとまるいのがあんパンで、上からでこぼこが見えるのがジャガイモ入りパンです。

ピザは薄く伸ばしたものと厚めで小ぶりのものと2種類作りました。また、米粉と片栗粉だけで薄い生地を作ってみたのが真ん中のピザですが、ちょっとぱりぱり過ぎて失敗でした。お好み焼きは出来上がりは30μも70μもそれほど大差はありませんでした。
ピザとパンは米粉をいれることにより食感はもっちり、味はあっさりで、とてもおいしいです。お好み焼きも米粉ならではの淡白な味わいで、小麦粉とは一味違った食味になります。
この食感と味わいは、ピザであれば上にのせる具を、パンであればさまざまなお惣菜系の具と組み合わせればもっともっと生かせるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA